FB


「お金が無くてクレカの引き落としが払えない…」
「借金は多いけど自己破産だけは嫌だ…」
「家族や友人にお金の相談はできない。助けて欲しい…」

このような悩みがある人は、

借金減額の手続きができるかもしれません!
※クレカの支払いやリボ払いも減額できます!

毎月のカードの支払いやリボ払い、各種ローンも減額できるか、WEB診断で無料で調べられます。

減額診断では、こんなことがわかります。

・借金がいくら減額できるかわかる
匿名なので誰にもバレない
過払い金があるか確認できる

上記のようなことが無料で、そして誰にもバレずに知ることができます。


もう自己破産しかないのか…

そんなことはありません。

自己破産や債務整理を検討する前に、減額手続きが適用できるか確認してみましょう。

無料のオンライン診断なので途中でやめても大丈夫なので安心してください。

減額出来た人の体験談

「カードやリボの支払いが120万 → 60万に減額できるなんて、、、」

財布にも口座にもお金が無く、クレジットカードの支払いができず焦っていました。

そんな時に減額診断について教えてくれたのは、以前同じように150万円のカードの返済で悩んでいたというY君でした。


Y君は、明るく気遣いもできる人で友人にも信頼されているタイプで、借金で悩む姿が想像もできない人物です。

そんなY君ですが、実は過去に転職活動や引っ越し費用、日々の浪費が重なってしまい、、、

「飲み会の支払いとかカードで払っててさ、そこに新生活費用も重なったんだよね。

そしたら150万もカードの返済が溜まちゃっててやばかった。その時は心にも余裕が無くて、周りに心配されるレベルだったんだよ。」

ちょっとバツが悪そうに、苦笑しながら話してくれました。

「どうやって返したの?やっぱりコツコツ働いて返した感じ?」

Y君なら地道に返したんだろうな、、、そう思って聞いてみたら、

「いや、返済がきつかったら借金の減額手続きをカード払いに適用させて減額したよ。

「なにそれ・・・大丈夫なの・・・?」

そう思って聞いてみると、貸金業者側も認めている正式な減額手続きを利用したとのことでした。

Y君も半信半疑だったので、行政に電話で聞いたり弁護士の無料相談で本当なのか聞いたそうです。

その結果、正式に認められている減額の手続きだと分かったそうです。

返済から解放された現在のY君の生活

Y君が返済を減額した方法は、

「借金の救済のための手続きを膨れ上がったカード支払いにも適用させた」という方法だそうです。


※法務省の民事再生の解説ページ

ネットでたまたま見つけて試してみたらしいです。

減額の方法は様々あり、クレジットカードの返済にも適用できることは、知名度が低くまだ世間に浸透してないそうです。

Y君は、無料の減額診断をきっかけに「150万 → 80万」まで支払いを減額したそうです。

知らないだけで損してる人も多いみたい。

やるかどうかは自分次第だけど損だけはしないで欲しいな。

Y君はそう言って、無料で調べることができる減額診断を教えてくれました。

↓↓ Y君が教えてくれた減額診断

120万の借金が60万まで減った! 今ではY君は家庭も持っていて、とても幸せそうな生活をしています。

先月もSNSで子供の誕生日会の写真を載せていて、微笑ましい毎日を送っています。

そんな人が「過去に借金生活をしていて、今とは天と地ほどの差がある生活をしている。」

そんな事実に衝撃を受けました。

「親に金を貸してくれなんて言えなかったんだよね。」

私も同じ状況なのでわかります。

私自身、クレジットカードの支払いやリボの支払いを合わせると120万の支払いが残っています。

両親に迷惑だけは掛けたくありません。


そこで思い切って自分でも減額診断を試してみました。

その結果、、、、

なんと、120万 → 60万 半分まで支払いが減額できることがわかりました。

カードの返済も減額対象にできるのは本当でした。

減額診断をしたことで、そのままスムーズに減額の手続きに進むことができました。

いまでは残った借金も完済し、不安の無い生活を過ごせています。

あなたも早く減額できるか診断を試してみて!

減額の対象はカードローンだけじゃなく、

クレカの支払いやリボ払いの残高も減額することができます!

減額できることを知らずに、損だけはしないで下さい!
安心ポイント

  • 国家資格を持った法律の専門家が運営
  • 個人情報保護法に基づき厳格に管理


減額診断は、1分程度で
すぐ終わる簡単な内容です。

「他の方法がまだあるかも…」
「いまじゃなく後でやればいいかな…」
という人も診断結果があれば、損せずに済むかもしれません。

サイトの診断内容を見るだけでも参考になります。

※紹介したお話は個人が特定出来ないように実例をもとにした創作事例です。